Visual Studio2019 Preview1を入れてみた

今更なんですけどこの間リリースされたVisual Studio2019 Preview1を入れてみました。ダウンロードはこちらからできます。

インストール方法はダウンロード後、Visual Studio Installerを起動してその手順に従うだけです。

起動後、こんな画面が表示されました 。

2017までの画面とかなり違いますね。
2017までは上部にメニューが表示されていて、「ファイル」から「新規作成」でプロジェクトを作成していましたが、今回からはこんな画面になるんですね。
なれるまでがちょっと大変そうです。

これは新しいプロジェクトの作成を選択後に表示される画面です。
どの形式で作成するか選べる画面ですが、ここも大きく変更されていますね。
対応する言語やOSのタグが表示されています。
若干Qiitaチックな表現にみえますね。

コードの画面です。
これはいつもどおりですね。
ですが、右上にLive Shareという文字が表示されています。
これが今回の目玉の一つで、ペアプログラミングを遠隔の人とできるとってもすごいらしい?機能です!
選択すると、今現在Visual Studioで登録されているMicrosoftアカウントか、もしくは別のMicrosoftアカウント、またはGitHubアカウントを使用してLive Shareを使用するか選択できる画面が表示されます。
そしてURLが表示されるので、このURLをペアプログラミングをする人に教えることでペアプログラミングができるようになります。
URLを教えられた人は、Visual Studioの画面でファイルメニューから「Join Collaboration Session」を選択して、URLを入力してOKを押下することで参加できます。
ちなみに、読み取り専用の場合はアカウント不要で参加できますので、プログラミング風景を見ていたい!という方はアカウント無しでその様子を見ることができるみたいです。
使ってみましたが、かなりリアルタイムにコードが書き換わっていきます。
しかも、誰がどの部分を編集したのかもリアルタイムに表示されるので、とても便利です。

GitHubではお互いがソースコードを保有し、変更を加えたソースコードをお互いがプッシュ、プルするイメージですが、こちらは一箇所のソースコードをリアルタイムに書き換えていく為、お互いが同時に開発に携わる場合は効率が高まりそうです。
しかも、ビルドやデバッグなども公開側の環境を使用する為、参加側は環境構築を用意しなくていいみたいなので、そこらへんもありがたいですよね。

まだまだPreview1なので、日本語訳が一部なかったり、不具合のある機能などもありますが、非常に意欲的に更新が来てるみたいなので、今後が楽しみです。
Visual Studio2019の正式版がでたらすぐ乗り換えると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました