Visual Studioを使わずにC#をコンパイルしてみる

言語の選択肢

会社とかでちょっとしたツールを作るときに、皆さんはどんな言語を使用しますか?
開発がメインの端末であれば、Pythonなども選択肢に入ってくるのですが、大抵の端末にはJavaすら導入されておらず、Officeと、社員が不正なサイトへアクセスしないように監視を行う監視ソフトぐらいしか入っていないのではないでしょうか?
少なくとも私が見てきた限りではそのような端末が多かったです。
そのような端末でちょっとした業務ツールを作成するとなると、選択肢として上がってくるのがVBAやVBSではないでしょうか
VBAはExcelなどのOffice製品が導入されていれば開発、実行することができますし、VBSはWindowsであれば最初から実行環境が整っているため、メモ帳により開発が可能です。

今回はそこにC#という言語の選択肢を追加したいと思います。
C#は.NETFrameworkで動いていますが、ほとんどのPC(厳密にはWindows Vista以上のWindows端末)にプリインストールされているため、最初から環境が用意されている言語です。
C#は本来Visual Studioという高機能なIDEによって真価が発揮される言語ですが、今回はメモ帳を使って、C#をコンパイルしてexe形式にしたいと思います。

コードを書く

まずはメモ帳でコードを書きます。
今回は演習として以下のHelloWorldコードを書き、ManualCompileApp.csというファイル名で保存します。
C:\Users\ユーザー名\Documents」ディレクトリに保存しました。

コンパイル

Windowsボタンを押し、cmdと入力し、コマンドプロンプトを起動します。
カレントディレクトリをコードを保存したディレクトリに移動します。

では、実際にコンパイルします。
コンパイルを行うためには、csc.exeの場所を探す必要があります。
csc.exeは.NETFrameworkのインストール先に存在するため、
通常は64bitOSの場合「C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64」にv3.5とかv4.0とかがあるので、その中にcsc.exeが存在します。

私の環境には.NETFramework v3.5が入っていたので、今回はそれを使ってコンパイルします。
コンパイルは、コマンドラインで、引数にcsファイルのパスを与えてやるだけです

こうすることで、ManualCompileApp.csと同じディレクトリにManualCompileApp.exeが出力されます。
あとは、出来上がったexeをダブルクリックして起動するなり、先程のコマンドプロンプトでManualCompileApp.exeと入力することで実行することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました