携帯端末のSIMロック解除の仕組みについて

SIMロックのメリットややり方なんかを解説している記事は多いですが、そもそもSIMロックってどういう仕組みなのさ?っていうところを解説している記事が少なかったので自分なりに調べて書きました。
間違っている箇所等あれば指摘してくださると幸いです。

そもそもSIMロックとは?

SIMロックとは、携帯キャリアが販売する携帯端末が自社の提供するSIMカードでのみモバイル通信を行えるようにする為の機能制限のことです。
早い話が、docomoで購入したスマートフォンはSIMロック解除を行わない限り、SoftBankやauで契約して手に入れたSIMカードを挿入してもSoftBankやauの回線を利用できません。

ユーザーからしたら煩わしいだけですが、スマートフォンを販売する携帯キャリアからしてみればユーザーが他社に移動(MNP)したくても所持してるスマートフォンを買い直す必要があるのでためらわせることができますし、逆に他社から移動(MNP)してきたユーザーには新しいスマートフォンを購入させることができるのでメリットしか無いわけです。

せっかく買ったスマートフォンなのに購入者であるユーザーはそのキャリアでしか使用できないので大変不便なわけです。
最近流行りの格安SIMも、大本の回線キャリアの系列が違うものは挿入しても使用できないのです。

SIMロック解除という手段がある

こんな馬鹿な話はあってはならないので、ちゃんと政府は対策を考えました。
総務省は2015年に各携帯キャリアにSIMロックの解除を法律で義務付けました。
購入時はSIMロックされているのですが、携帯キャリアはユーザーが希望すればSIMロックを解除してくれるようになりました。
スマートフォンを購入してから100日以上経過していないとSIMロックの解除手続きを受け付けないとか、制約を考えてあの手この手で色々携帯キャリア側も回避しているのですが・・・

SIロックの仕組み

さて、ここからが本題です、
SIMロックとはなにかというのは先ほど説明しましたが、具体的にはじゃあどういった処置がされていて、SIMロック解除とはどういった仕組みで行われるのかという話に移りましょう。
まずSIMロックの違いはAndroidとiOSで異なります。
なのでそれぞれ説明します。

AndroidのSIMロックの仕組み

Androidの場合、各携帯キャリアが自社のキャリア情報をスマートフォン本体に登録した状態で販売しています。他のSIMカードを挿入しても端末に登録されたキャリア情報と異なるため、端末が通信を行うのを制限するという仕組みです。

iOSのSIMロックの仕組み

iOSの場合、端末本体には携帯キャリア情報は登録されていません。
ではどうしているかというと、iOSの場合端末の製造元がAppleしかありえないため、スマートフォンにSIMカードが挿入されると、自動でスマートフォンが自身はSIMロック状態か、SIMロック状態ならばどの通信キャリアが許可されているのかを自身のIMEI(端末識別番号)をもとに問い合わせに行きます。
問い合わせた結果がSIMロック状態なら、挿入されたSIMカードの通信キャリアと、許可された通信キャリアが異なる場合は通信を行わない。という仕組みです。

SIMロック解除の仕組み

では、SIMロック解除はどのように行われるのでしょうか。
これもAndroidとiOSで異なります。
その前に、共通の手順を解説します。

AndroidのSIMロック解除の仕組み

Androidは本体に販売元のキャリア情報が得録されていると説明しました。
SIMロックを解除する際は、まず販売元のキャリアにSIMロックの解除を依頼します。
この際、IMEI(端末識別番号)をキャリアに伝えます。
Androidは各メーカー様々な機種が出ているため、IMEI(端末識別番号)の確認手順は機種によって違い、簡単に設定メニューから確認できる端末だったり、特殊な操作を行うことで表示させることができる端末も存在します。
ちなみに、私の所持しているGalaxyS7 Edgeは電話をかけるアプリを起動して、ダイヤル番号入力画面にて「*#06#」を入力することでIMEI(端末識別番号)が表示されます。

端末識別番号をキャリアに伝えて、各通信キャリアにSIMロックの解除が承認されると、IMEI(端末識別番号)に紐づくSIMロック解除コードがメールなどで送られてきます。
Androidは登録されているキャリア以外の別キャリアのSIMカードを挿入すると、SIMロック解除コードの入力を求められるので、そこで先程入手したSIMロック解除コードを入力することで、通信キャリアにかけられてたAndroidのSIMロック機能が解除され、初めてSIMフリー端末となるのです。

iOSのSIMロック解除の仕組み

iOSの場合も同様にまずは通信キャリアにSIMロック解除の依頼を申請します。
それが各通信キャリアに承認されると、通信キャリアはAppleへSIMロックの解除依頼を送信します。
Appleはそれを受け、自社のSIMロック確認サーバーにIMEI(端末識別番号)のSIMロック情報を解除状態に設定します。
後は先程述べたように、iOSは端末にSIMカードが挿入されるとAppleのサーバーへ問い合わせに行きます。
そのときにSIMロック解除状態となっていれば、晴れてSIMフリー端末となれるのです。

AndroidのSIMフリーは自身で解除できる

上記で説明したときに、感のいい人はお気づきでしょうが、Androidは一切通信キャリアと通信を行っていません。
ただ挿入されたSIMカードの通信キャリアと、自身の端末に記録されているSIMロック通信キャリアを比べて動作しているだけです。
IMEI(端末識別番号)に紐づくSIMロック解除コードさえわかってしまえば、SIMロックを解除できます。
そしてどうやら、方法はわかりませんがIMEI(端末識別番号)からSIMロック解除コードは割り出せるようなんです。
実際に、それらを代行してくれるサービスはいくつか存在し、ebayの出品やSim-unlock.netがそれらのサービスを提供しています。
また、root化を行うことができれば、そもそもSIMロック解除コードがわからなくても、端末をSIMロック解除状態にしてしまえます。
ある意味、Appleのとっているサーバー認証方式は賢い選択なのかもしれません。
ですがそれは、自社ですべてのiOS製品を製造しているAppleだからこそ可能な芸当でしょう。
早くSIMロックなんて制度がなくなれば良いんですが、そうもいかずしばらくはこの状態が続きそうなので、工夫を凝らして良いSIMフリー生活を送りましょう。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました